マカオ、澳門、カジノ、ブログ、ギャンブル、方法、やり方、初心者、女子、準備、持ち物、必要なもの

プア子のREライフ:カジノ in 澳門(マカオ)編

澳門(マカオ)カジノブログ。魑魅魍魎の酒精に入り浸り、働きたくないからカジノにいく転職活動女子、プア子の記録。

澳門(マカオ)のカジノブログ:プロローグ

これは私が澳門(マカオ)の酒精に浸った夜の旅路を威風堂々歩き抜いたブログであり、また、カジノにて美しく調和のある人生を歩み始める、もしくは小狡く立ち回るが全く意図せざるうちに貧困女子となる、歓喜と苦渋の可能性に満ちたブログでもあります。読者諸君の皆様に於かれましては、私の可愛さと間抜けぶりを二つながら熟読玩味し、エッグタルトの味にも似た人生の妙味を、心ゆくまで味われるのが宜しいでしょう!

 

さて、これは私が2度目澳門(マカオ)訪問時の魑魅魍魎に塗れたお話です。そもそものきっかけは、新卒で入社した社員旅行の行き先である澳門(マカオ)にて、ギネス記録認定、世界一のバンジージャンプを誇るマカオタワーのふもとのベンチに転がっていたエッグタルトでした。私はそのエッグタルトを眺めながら、「これ以上働きたくないからカジノで稼ぎたい」と熱烈に思ったのです。残念ながら、その抑えがたい欲求と珈琲の因果関係については明らかになっていません。しかし、社員旅行では同期先輩社員が多くいますし、好きなようにカジノに入り浸りギャンブルをするというわけにはいきません。万が一、ギャンブルに溺れて凶変してしまった私を社員の誰かに見られたら、今日まで築いてきた清貧潔白キャラが崩壊してしまいます。そこで私はカジノに行くのは謹んでいたのですが、最終日、ついに私は我慢できなくなって、単身で魅惑の世界へ乗り込んだのでした。

 

そして、社員旅行から3週間後、私は澳門(マカオ)にいました。更には、会社を退職してニートになった初日での女子旅です。 

 

葡京(リスボア)界隈は、夜遊びに耽る善男善女がひっきりなしに往来していました。今日もエッグタルトを片手に、働きたくないからカジノに行って参ります。そんな転職活動女子、プアワーキングことプア子のREライフ in カジノ(澳門)編。

 

 

広告を非表示にする