マカオ、澳門、カジノ、ブログ、ギャンブル、方法、やり方、初心者、女子、準備、持ち物、必要なもの
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プア子のREライフ:カジノ in 澳門(マカオ)編

澳門(マカオ)カジノブログ。魑魅魍魎の酒精に入り浸り、働きたくないからカジノにいく転職活動女子、プア子の記録。

マカオのカジノ旅行記:2日目(続)

二日目の終わり。

 

我らがマカオ観光も既に「五分の一」を終えました。

 

私は時間に追われるのを嫌悪してしまうのですが、以前の職場を退職する際に上司から頂いた言葉が頭から離れません。

 

彼はこう言いました。

 

「選択に困った時は、自分を好きでいられる方を選ぶんだよ。賽は既に投げられている。この確固たる事実を受け容れることです。そして、いっそ燃え尽きる覚悟で努力しなさい。なにごともスタートダッシュが肝心。やらねばならぬこと一切を終わらせればビッグになれます。」

 

私は豪華絢爛な天井を見上げて呟く。

 

「働きたくない…」

 

そんなわけで焦ったり開きなおったりしながら、テーブルをフラフラと歩き回る。

 

私と年が離れなさそう日本人、口癖が「それな」と言ってそうな若年層3人が座っている席につきました。残念なことに皆さん大負けしているようです。特に会話を交わすでもなく、シレッと参戦。ブラックジャックは気が付けば+7,000HKD。

 

「今度こそは!」とナムナムしながら、7,000ベットイン。大きく勝ちたいと欲が出てしまった。300、500、1,000チップが織りなすテーブル上のマカオタワー。

 

 

 

なむなむ!!!

 

 

 

最初のカードは… 8

 

(う、うーん...!)

 

 

 

ディーラー… 8

 

(えっ…)

 

 

 

2枚目のカードは… 1(計9)

 

(おっ……)

 

 

 

ディーラー「ヒット or ステイ?」

 

 

 

私「…ヒット」

 

 

 

3枚目のカードは… 3(計12)

 

(うわああああああああ)

 

 

 

頭をぶつけたい衝動を懸命に抑える。現実が...厳しすぎます。しかし、私の人生は中々の波乱万丈で他の人とは異なっていることを自覚していますが、それでもバッドエンドは殆どなかったはず。これは神が与えたもう試練。大きい勝負が幾度となく外れてはいますが、次こそは何としてでも勝たなければいけない。

 

 

 

 

私「…ヒット」

 

 

 

4枚目のカードは… 6(計18)

 

 

 

ドクンドクンと頭の深奥で熱い何かを感じます。手は打った、私のできる限りのベストは尽くしたつもりです。だけど、18という微妙な数値で着地してしまったことは否定できない。

 

 

全員に判断を仰ぎ終わり、無機質で無表情のディーラーが自らのカードを引きます。

 

 

 

ディーラー…A(計19)

 

 

 

(死んだ)

 

 

 

 私はその後、夢遊病者のようにカジノを退出してホテルに帰還。

 

 

 

ベッドの上に倒れこむようにして横になった。泥のような睡眠が死のように足首を掴み、引き摺り込み、深夜3時に目が覚めた時には冷静になっていました。

 

 

 

(負けを取り返すか... いや...)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通算収支 ー6,000HKD